ATAO財布を買ったので使い心地をレビュー

以前からネットで見て気になっていたのが♡ATAOのお財布♡でした。
機能面や外観から見て使い勝手は良さそうだけど、近くに実店舗がないので実際に商品を見ることが出来ずなかなか購入に踏み切れずにいました。

楽○のページを見ると大量のポジティブレビュー・口コミの嵐すぎて、「ほんとにこんなに口コミあるの?サクラ?」と思うほどです。時々見られる「安っぽい」「値段相応に見えない」などのレビューもあって、ページとにらめっこを続けること数週間…笑

たまたま5月の終わり頃に仕事で神戸へ行く機会があり、「おっと!神戸ってATAOの店舗発祥の場所じゃないの(´艸`)」ってことで、結局実店舗で実物を見て購入しました。

店舗でもどのタイプを買うか、パイソン、エナメル、ルアン、ヴィトロ、数日間迷いましたが、結局決めたのは…

IMG_0450

2015年の新作、レースバージョンにしました!(*⌒▽⌒*)

すごく色々迷ったんですけど、実際に実物を見た時に全体的に私が感じた印象と、それぞれのシリーズの印象をまとめておきますね。私が買わなかったものも実物は色々見てきたので、自分もネットで色々口コミを探しながら迷ってましたから、これから購入を考える人の参考になればと思います。

全体的な印象

一目見た時の印象-思っていたより大きいかも?

もともとATAOのお財布を気になって見ていたのは、出来るだけコンパクトな長財布があれば良いなぁと思っていたんです。

というのは、昔からお金の出し入れがしやすい長財布が好きだったんですけど、大学の実習等が始まって白衣やスクラブのポケットに入れられるサイズの折りたたみ財布に切り替えました。だけどやっぱり長財布の方が使い勝手が良いし、ポケットに入る長財布がないかなぁと思って探してて見つけたのがATAOのお財布だったんですよ。

それで、初めて見た時の印象は確かに薄い!でも薄いせいで相対的な印象もあるのかもしれないけど、意外と縦横幅は大きい!と思いました。

ATAO財布の公開されているサイズは9.5cm×20cmです。サイズは確かに実際測ってみてもそのくらいで、一般的な長財布のサイズから考えてそれほど大きいものでもないですが、小さめ長財布を求めていた自分にとっては大きく感じました。

くたっと感はイメージ通り

私はもともとくたっとした柔らかい素材の革製品が好きでした。なのでlimoシリーズも写真で見てくたっとした感じの革素材が良いなぁと思ってたんですよ。

レビューの中には「くたっとしすぎで中のお札も折れそう」など、ネガティブなレビューもありますが、普通にカバンの中にしまう分には折れるほど弱い素材じゃないですよ。一応ちゃんとした本革ですし。

コインは飛び出ない、というか使い勝手良い

小銭入れ部分のファスナーがないので、「コインが飛び出てきそう」というレビューも見かけましたが、高さが絶妙なので、「うっかり外側のファスナー閉めてなかった!」なんてことがない限り、コインが中で飛び散ってるなんてことにはならないです。

むしろ使う時にファスナーがない分小銭やお札の出し入れがしやすくて便利だと私は感じてます♪

それぞれのシリーズの印象

ATAO limo レース

まずは実際に私が買ったレースverの使用感を書いてみますね。

レースを買う時に一番気になったのは「汚れそう(;´Д`)」ってこと。でも、実際使ってみると思っていたより汚れは気にならないですね。

IMG_0450 IMG_0451

私がこのお財布を買ったのが5月末。約3ヶ月使用した現在の写真です。毎日身につけて仕事中もずっとポケットに入れたまま使用しています。写真では細かい部分は伝わりきらないのですが、色がくすんできた感じや汚れてきた印象はあまりないですよ。影の映り込みがあってあまり良い写真ではないのですが。

あとは、色に関しては当初ネットで写真を見た時にはピンクベージュが一番気になっていました。でも実物を見ると、ピンクベージュはかなりベージュに近い印象で、可愛いというよりちょっと落ち着きすぎているかなぁという色でした。結局、当初は全然考慮に入れていなかったシトラスカラーが実物の印象は一番可愛くてこれにしました。

それと、レースverで良いなと思った点は、財布の内側にも外側同様の可愛い感じの色のレザーが使われているんですよね。

IMG_0454

後述しますが、例えばルアンシリーズは色によっては内側が茶色っぽいレザーが使われていてあんまり可愛くなかったり。(^_^;
でもレースのは内側のレザーも良いなって思えました!

ATAO limo エナメル

 

エナメルがlimoシリーズの中では一番お値段がお安いですよね。素材もくたっと感が一番出るのはエナメルだと思いました。

ただ、楽○のレビューの中にもありますが、「安っぽさ」が一番出やすいのはこのエナメルシリーズだと思いました。やっぱり他の素材に比べて、エナメル素材ってなかなか高級感が出にくいんですよね、きっと。

色に関しては自分はルージュピンクが一番気になっていたけれど、これは良いお色でしたよ!でも少しオレンジがかった感じで、写真よりはくすんだ色に見えました。ボルドーはイメージしていたよりも赤みが弱くて大人っぽすぎるかな?他は大体写真のイメージと同じようなお色でした。

ATAO limo ルアン

実は自分がネットで見ていて一番気になっていたのはこのルアンシリーズでした。その中でも一番気になっていたのが写真のアプリコットピンク!でも、上のとこでもちらっと書いたのですが、内側がなんていうか茶色っぽい色で、悪く言うとなんかおじさんっぽい色に感じちゃったんですよね。外側と同じような可愛いピンク色にしてくれたら良かったのに…(´・ω・`)

というわけで購入はやめました。

ちなみに色は、サイトの写真はどれも綺麗に自然光が当たったような発色で明るく写っているので全体的にそこまできらきらしてないなぁっていうイメージにはなりましたよ。でも大体写真と同じ色かな?

ATAO limo パイソン

パイソンは最初に見た印象はとりあえず、「ウロコだっ!」という感じです。笑

なんだそれって思われるかもしれないですが、レビューの中に「ウロコがはがれ落ちそう」といった記載がちらほら見られるんですよ。実物見る前はどういうことだ?と思ってて、なんか写真だとガシッとした弾力ある?パイソンのイメージだったんです。でも実物見たらレビューの意味が分かりました!

なんていうか、一つ一つがぺらぺらっとしたウロコがみっしり沢山張り付いている感じなんですよ。あ、でもこんな表現だとあんまり良い印象なくなっちゃうかもしれないですけど、別に悪口じゃないですよ!笑

パイソンのネット説明には、「使い込みで味が出る!」と言った記述があり、店員さんの使用済み財布を見せていただきましたが、確かに!ぺらぺらとしたウロコがなじんできていて、新品よりも良い感じになっていそうでした。それに、第一印象「引っかかってウロコ剥がれちゃいそう…」って思いましたが、使い込んだ財布を見ても剥がれてしまっている様子はなかったです。

あとはお色に関してはこれも全体的にサイトで見るよりくすんだ色に見えるものが多かったです。自分の好みではルークアイボリーが可愛いと思いましたが、これも写真で見るよりレザー部分は少しベージュがかった色で、パイソンも写真で見るようにキラキラした印象がなかったです。実物を見ながらルークアイボリーもかなり購入を迷ってましたが、なんとなく私はパイソンのペラペラ感が苦手で結局やめました。

ATAO limo ヴィトロ

ヴィトロも実物を見てなかなか良いなと思いました。これはほぼ写真のイメージ通りかな。

自分が購入しなかったのが、色柄が大人っぽい色合いだったのと、シリーズの中でもお値段が高めの部類だったからですね。

でも良いお色でしたよ。

ATAO limo パイソン asti

花柄プリントのこのシリーズも見ました。

ただ、同じこのastiプリントで何点か別の品を見せてもらったんですけど、サイトにも「一点一点デザイナーが描いた物」とあるように、お品物によってかなり印象が変わります。なので、このシリーズの購入が気になっている方がいれば、ネットではなくやはり実店舗での購入を勧めます。

総合して、ATAO財布には満足です♡

色々自分の率直な感想を書いてみましたが、ATAO財布は総合的にすごく気に入ってます♡(*・ω・*)

小銭入れのファスナーがないタイプのお財布は初めて使いましたが、特に困ることはなく、むしろこれで薄いお財布になっているのであまりデメリットは感じないです。

「安っぽいかどうか?」「値段相応か?」に関しては個人でズレがあると思うのですが、確かに安い買い物ではなかったですが、私個人の感想としてはこのお値段でデザイン・機能を考えたら満足しています。

今後購入を考えている方の参考になる記事になれば嬉しいです!(´艸`)

One Response to “ATAO財布を買ったので使い心地をレビュー”

  1. あず より:

    わたしもネイビーパイソン頼みました。パイソンは昔から大好きでバック、財布、靴など使えば使うほど良い光沢が出てきます。ウロコは禿げそうなほうが、使ううちにしっとり張り付いて良い味が出るとおもいます。以前、安物のこのタイプの長財布を海外で買って使っていましたが、チャックひと手間でコイン一目瞭然で見えるし取り出しやすいし、同じタイプでパイソンがあったらな、っと思って長年探していました。まだ手元には届いていませんが、肌触り使い勝手は間違いないと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ